クッキー 🍪

本サイトでは、お客様に快適にご利用いただくために、Cookieを使用しています。

朝日が気持ちいい毎日に
身体の冷えに
パワーが欲しいときに

・1食分は45g、サイズは縦17.5cm×横8cmです。
・パッケージデザインはお選びいただけません。
どんなデザインが届くかお楽しみにしてください。

¥620 (税込)
You can't add more than -1 items.
商品名 #03 紅茶、有機ドライイチゴ、くるみのスーパーフードたっぷりアールグレイグラノーラ
原材料 グラノーラ(有機オーツ麦、豆乳(大豆(国産))、粗糖、オリーブ油、紅茶、フラックスシード、玄米粉、チアシード、有機アマランサス)(国内製造)、有機乾燥いちご(有機いちご、有機砂糖、有機ひまわり油)、くるみ、かぼちゃの種/香料
アレルゲン くるみ・大豆(28品目中)
栄養成分 エネルギー 215kcal、たんぱく質 5.1g、脂質 10.0g、炭水化物 27.5g、食塩相当量 0.002g
内容量 1袋あたり45g(1食分)
賞味期限 発送日より2ヵ月以上(個別包装に記載)
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
お届けについて

|初回購入者限定|送料込

全5種類お試しセット

今だけの送料込のお試しセットで、自分好みのグラノーラを探しませんか?

Point 1

100%自然由来のベルガモット香料で香り付けされた贅沢なアールグレイ茶葉を使用した香ばしく、甘さを控えめにしたグラノーラです。 着色料や香料を一切使用していない有機ドライイチゴの甘酸っぱさが癖になります。スーパーフードであるチアシード、フラックスシード(亜麻仁/アマニ)、アマランサスが3種類も含まれていますが、紅茶の苦みとのバランス感を大切に調合しました。アールグレイが香り高く、後味にもしばらく紅茶が残ります。紅茶好きの方に気に入っていただけるフレーバーです。

Point 2

牛乳にかけて少し置くとアールグレイが抽出されてロイヤルミルクティーになります。意外とプレーンな味わいのため、朝食にヨーグルトと合わせるのもおすすめです。その時には、ぜひヨーグルトも選んでみてください。カルシウムを摂りたい時には牛乳ヨーグルト、植物性たんぱく質の摂取と低カロリー&低脂質にしたいときには豆乳ヨーグルト、ビタミンEや食物繊維を摂りたい時にはアーモンドミルクヨーグルトに合わせるのもおすすめです。一日の始まりにぜひお試しください。

Point 3

残業や育児で睡眠に悩まされている方に、紅茶のテアニン、チアシードのトリプトファン、くるみのビタミンB6が睡眠の質向上をサポートしてくれます。フラックスシードのカルシウム、チアシードの鉄、亜鉛、くるみのマグネシウム、亜鉛といちごのクエン酸が、身体の疲れやストレス解消に効果があります。 フラックスシードは、良質な脂質α-リノレン酸、ファイトケミカルの一種であるリグナン、食物繊維が豊富であり、日々忙しい方々の病気の予防と改善に役立ちます。 仕事や家庭などのストレスを心身ともに緩和し、健康維持をしたい方におすすめのグラノーラです。

この商品に使っている食材と含まれる栄養素

Gift set

風呂敷に包むギフトセットをご用意しました。
「健康で」「ありがとう」
想いを伝える贈り物をしませんか

Explore your granola & food choice

管理栄養士が最適なグラノーラと食生活をアドバイス

Tips 1

そのまま食べる

そのままの素材の味を味わい、選んだ栄養を意識し、歯ごたえと、噛むほどに感じる深い味わいを感じて。身体も喜んでいるはずです。1番のおすすめ。

Tips 2

ワインやビールと合わせたり、チーズやサラダにのせたり。

そのままで、お酒と合わせておつまみに、サラダやチーズに合わせたら華やかな主食にも。お食事にも合う大人のためのフレーバーをそろえています。

Tips 3

ヨーグルトやミルクなど乳製品と合わせて

牛乳だけでなく、身体に良い豆乳やアーモンドミルク、ヨーグルトなどもおすすめ。

Tips4

フレッシュなフルーツやスムージーに足してみて

フレッシュなフルーツでビタミン補給。朝食のスムージーにトッピングすると食べ応えや栄養バランスがアップします。

Tip5

アイスやクリームチーズ、パンケーキなどとミックスして、ヘルシースイーツに。

グラノーラをトッピングしたり、混ぜるだけで簡単ヘルシースイーツにアレンジ。

Enjoy All Day Granola

時間を有効に使いたいスピードランチに

つまみながらリモートワーク

量よりも質の朝食やランチに置き換える

会食の次の日や食欲がない日に

ヘルシーな夜食やおやつ時間

子育てや介護、看護で忙しい人に。

朝一杯のコーヒーとともに、自分と向き合う時間をつくる。

スタッフの健康のためにオフィスにストック