クッキー 🍪

本サイトでは、お客様に快適にご利用いただくために、Cookieを使用しています。

『茶色い炭水化物』ってそもそも何?体へのメリット

『茶色い炭水化物』ってそもそも何?体へのメリット

茶色い炭水化物とは

 

玄米

 

茶色い炭水化物とは、精製されていない炭水化物のことであり、玄米や蕎麦、全粒粉を使った茶色いパンなどがこれらに当てはまります。

 

中でも玄米は、白米に比べて食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含んでいます。

 

逆に白い炭水化物とは、精製された炭水化物のことで、白米やうどん、パスタ、小麦粉を使ったパンなどが当てはまります。

 

近年の研究では、本当に健康に良いと考えられている食品のひとつに茶色い炭水化物が挙げられており、注目されている食品のひとつです。

 

 

 

 

血糖値への影響

 

血糖値への影響

 

茶色い炭水化物は食べることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

精製された穀類である白米や小麦粉を食べると、食後に血糖値が上昇しやすくなると言われています。

 

また、精製された穀類の摂取量が最も多いグループと最も少ないグループで比較すると、精製された穀類の摂取量が多いグループでは、早期死亡や脳卒中、心臓病のリスクが高くなることが分かっています。

 

つまり、精製されていない炭水化物、茶色い炭水化物を選んで食べることは、血糖コントロールに大きな影響をもたらし、健康的な生活を送ることにつながるということです。

 

ただし、食べ方や食べる量に注意が必要であることは他の食べ物と変わりないので、バランスの良い食事を心がけたうえで適量をきちんと守るようにしましょう。

 

 

 

 

主食を替えるのがおすすめ

 

玄米

 

茶色い炭水化物を日々の生活に取り入れるにはどうすればよいのでしょうか。

 

一番手軽な方法は、主食の食材を未精製の穀類に替えることです。

 

日常的に白米を食べている方は玄米に、白いパンを食べている方は全粒粉パンに、うどんやパスタはそばに替えてみましょう。

 

いきなり全てを変えるのは難しいと思うので、週に1食からでもいいですし、未精製の穀類を使っているお店に行って試してみるのもおすすめです。

 

玄米は抵抗があるという方も多いですが、最初は白米と混ぜて炊いていただいてもいいですし、食感や食味の良い発芽玄米などもありますので、自分に合った方法でチャレンジしてみましょう。

 

 

 

 

自分の体にちょっと優しくなれる

 

 茶色い炭水化物

 

茶色い炭水化物は未精製された穀類のことで、健康面で大きなメリットがあることをお伝えしました。

 

日常的に食べるものを、自分の体を思って選ぶことで、健康面だけではなく心にも変化が出てくるのではないでしょうか。

 

and/orのグラノーラは、精製されていない粗糖や、発芽玄米パフ、玄米粉などを使っており、体を思いやることができる商品になっています。

 

自分のためはもちろん、身近な相手を思いやる気持ちと一緒に、and/orのグラノーラを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ブログ一覧に戻る